ドル建て生命保険 メリット デメリット

ドル建て生命保険とは

文字を見たそのままの意味で、日本の円貨で運用される生命保険ではなく、外資系も含めて日本にある生命保険会社が取り扱う、ドル(主にアメリカドル、オーストラリアドル、ニュージーランドドル)で運用される生命保険です。
ドル建て生命保険はドル建て終身保険、ドル建て養老保険、ドル建て年金保険が用意されています。多分ドル建て定期保険は無いと思います。
ドル建て学資保険のようなものもありますが、実際はドル建て終身保険を学資保険の代用にしています。

ドル建て生命保険の概要

ドル建て生命保険を選ぶ方が増えているようです。なぜドル建て保険が選ばれるのか解説してみましょう。

なぜドル建て生命保険なのか?
円貨の生命保険では生命保険の金利(予定利率といいます)が低すぎて、生命保険貯蓄効果や保険料を安くする効果が薄れてきています。
そこで、日本国内の外資系を含めた生命保険会社の、予定利率が高い外貨建ての生命保険が注目されるようになりました。その中でもドルを契約通貨にした生命保険が特に注目されています。

生命保険の貯蓄機能
生命保険は、保障機能と貯蓄機能があるんです。
例えば終身保険なんかは保険料の払込をを完全に終えると、解約返戻金が払い込んだ保険料総額よりも大きなお金になます
養老保険は終身保険よりもさらに良い解約返戻金になるので、保険料払込総額と解約返戻金の比率が終身保険よりも良くなり
さらに個人年金は死亡保険金を無くして貯蓄に特化していること、保険料を全額払い込んだら貯まったお金を複数年受取りで還元することでさらに運用効果を上げることで、終身保険よりも養老保険よりも良い貯蓄効果が期待できます。

ドル建て保険は金利が良い
終身保険・養老保険・年金保険は貯蓄に向いている生命保険ですが、最近の日本の金利が低い(というよりもマイナス)なので、養老保険などは最悪元本割れするほど貯蓄効果が落ちています。
ということで、日本の金利よりも高い金利を維持し続けている外貨で運用する外貨保険が、貯蓄目的の生命保険として注目されるようになり、特に世界的な主軸通貨である米ドル建ての生命保険は多くの保険会社で取り扱いがあります。
米ドル建てよりも金利の良い豪ドル、豪ドルよりも金利の良いニュージーランドドルも注目されるようになりました

学資保険の代用もある
予定利率が高いドル建て終身保険は「貯蓄に最適」「保険料が安くできる」という効果を生かして学資保険の代用にすることもあります。
ある外資系生命保険会社は、ドル建て終身保険を学資保険の代用にすることで、円貨の学資保険よりも割安な保険料を実現しています。
さらに最近では、日本の生命保険会社が円貨の学資保険と、米ドル建て終身保険を学資保険の代用とする「実質的な学資保険」の、二種類の学資保険・学資保険プランの取り扱いをしています。

ドル建て生命保険の善し悪し

押さえておきたい、ドル建て生命保険のメリットとデメリットです。
ドル建て生命保険は最近流行っているようですし、円貨の保険と比べて予定利率が高いので貯蓄効果が狙えますよとか、保険料を安くする効果がありますよ的なことを書きましたが
なんか良さそうなドル建て生命保険もそんなに良いことばかりではありません。気をつけたい点や絶対に知っておかなければならない点もあるのです。

ドル建て生命保険の良いところ・メリット

まずはドル建て保険の良いところです。

1.予定利率が高い
日本の円貨の生命保険は主に国債で運用されます。ドル建て保険も主に米国債で運用されるそうです。
ある日の「国債10年 年利回り」を調べました。

日本 約0.05%
アメリカ 約2.25%
オーストラリア 約2.46%
ニュージーランド 約2.86%

中国 約3.69%

この数値はこの記事を書いた時点のものなので、将来はまた違った数値になっているはずです。
でも日本の約0.05%が、すぐに2%台になる訳ないですよね。ということで、当分の間生命保険の予定利率はドル建て生命保険の予定利率の圧勝状態が続くでしょう。

予定利率は不変
さらに予定利率は、生命保険契約締結時の予定利率を解約か契約終了まで維持しなければならないのです。
ドル建て保険や外貨建て保険ですと予定利率が変化する保険もありますが、それは利率変動型とか利率更改型の保険商品の場合です。

ここでは、ドル建て生命保険の予定利率が円貨の生命保険と比べてどれだけ有利であるかが伝わればいいです。中国の利率はただの参考です。

2.貯蓄効果が高い・運用効率が良い
先に書いてありますので短めにしますが、生命保険予定利率が良いと言うことは日本の円貨の生命保険よりも運用効率が良いので、貯蓄効果が高くなるメリットがあります。

3.保険料が安くなる
これも先に書いてありますが、例えば同じような保障を得るときであっても保険料が安くできるのは、予定利率が高い方の保険になります

例えば終身保険で100万円分の死亡保険金を維持する費用が月1,000円とします。
すると、これはさらに例えば的な話になりますが

・予定利率が低い保険:保険料で賄う部分900円金利で賄う部分100円→保険料が高い

・予定利率が高い保険:保険料で賄う部分700円金利で賄う部分300円→保険料が安い

イメージ的にはこのようになります。

4.為替差益が見込める
例えば予定利率の話を抜きにして、一時払い(保険料全額一回払い)保険料一万ドルの終身保険に加入して、10年後に解約した場合

加入時 例:1ドル=100円 → 一時払い保険料100万円

解約時 例a:1ドル=110円 → 解約保返戻金110万円
解約時 例b:1ドル=120円 → 解約保返戻金120万円
となります。

解約時の為替レート次第では、お金の戻りがかなり大きくなることが期待できます。
これを為替差益といいます。

5.通貨に信頼がある
トップページでも書きましたが、世界中の各国通貨比率は

米ドルが約43% →文句なしの基軸通貨
ユーロ 約16%
 約12%
ポンド 約6%
豪ドル 約4%
ニュージーランドドル 約1%
人民元 約1%
です。

米国ドルの取引高・取引規模が大量なので信頼性があるのはわかりますが、豪ドルとニュージーランドドルは?となります。この二カ国は将来の安定した人口増加が見込めること、食料自給率がとても良いことが挙げられるそうで
少々単純ですが、安定して人口が増える地盤があるということは、金利も高く設定できるのだそうです。これは米国にも言えることだそうです。

日本は少子化ですよねぇ。日本の十年国債の金利が約0.05%になるのも納得できます。

またアメリカの視点での見解になりますが、為替操作などが無い通貨であることも通貨の信頼性の一つになるようです。

6.ドルを用意する必要が無い
最近のドル建て生命保険は、「円貨支払い特約」が無料で付いていて、多くはドルの口座の用意や保険料自体をドルで払う必要が無く、普通に日本円で保険料を払うことができます。
また、「円貨受取特約」も無料で付帯していることが多く、ドルで運用した保険料や資金を円貨で受取ることができます。

7.資産を分散できる
ドルを主契約通貨にするので、円貨に戻す必要が無ければドルのままで解約して、ドルのままで受取るというのもできます。

例えばお子さんが小さい内にドル建て生命保険に加入して、お子さんが海外留学したとき学費などの支払いに充てるというのも良いと思います。
そのときにドル受取が有利であればドルで受取って(円貨にしないで)学費などの支払いに使えるのです。
また、外貨資産として保有しておくこともできます。

ドル建て生命保険で注意するところ・デメリット

ドル建て生命保険のデメリット、注意点

ドル建て保険のデメリットは項目こそ少ないですが、ちょっとした覚悟が必要かもしれません。

1支払う保険料が変化する
これは保険料円払いに生じます。月払いなど複数回の保険料払込が必要なドル建て保険に共通することです。

例えば月払いの場合、月額保険料300ドルだとすると
一月:1ドル=103円 → 保険料30,900円
二月:1ドル=110円 → 保険料33,000円
三月:1ドル=107円 → 保険料32,100円
こんな感じでどうしても保険料が変化します。

保険料はドル建てでも、円貨払込特約の付帯で保険料を円で支払うことができるので生じる現象です。
保険料と言うよりも毎月金額が変わる固定費という認識では、ちょっとスマホ料金的な感覚で捉えるとわかりやすいかもしれません。

一時払い保険料もレート次第で変化する
また、保険料一時払い(契約時保険料全額一括払い)の場合でも、保険料を払い込む日の為替レートが激変することもありますので、ある意味保険料が変化すると言えそうです。

例えば、一時払い保険料二万ドルのドル建て保険の場合

・ドル建て生命保険に興味を持った時のレート→1ドル=103円 → 206万円くらい用意すれば良いかなと思ったら

・ドル建て生命保険を契約する時のレート→1ドル=100円 → 200万円で済んだ。ということもあれば

・ドル建て生命保険を契約する時のレート→1ドル=110円 → 220万円必要だった。ということもあり得ます。

2.為替差損・為替リスクがある
ドル建て保険で一番目立つリスクが「為替差損」です。

為替差損の例
例えば予定利率の話を抜きにして、1ドル=100円のときに一時払い保険料10,000ドル(100万円)のドル終身保険に加入して、10年後に解約した場合
解約時例:1ドル=90円 → 解約返戻金90万円
解約時例:1ドル=95円 → 解約返戻金95万円
と、元本割れを起こすことになります。
この為替レートの影響による元本割れが為替差損になります。

為替差損と予定利率
為替差益では書きませんでしたが、ドル建て生命保険は予定利率が円貨保険よりも高い保険ですので、ドル建ての元本金額自体は大きく増加します。
すると、為替差損を元本の増加で補填することもできます。

例えば1ドル=100円のときに一時払い保険料10,000ドル(100万円)のドル終身保険に加入して、10年後の解約時に12,000ドルになっていた場合
解約時 例:1ドル=90円 → 解約返戻金108万円
解約時 例:1ドル=95円 → 解約返戻金114万円
これなら為替差損が発生していても元本割れにはなりません。

さらに酷い為替差損も想定してみましょう
解約時 例:1ドル=80円 → 解約返戻金96.0万円
解約時 例:1ドル=83円 → 解約返戻金99.6万円
解約時 例:1ドル=84円 → 解約返戻金100.8万円
解約時 例:1ドル=85円 → 解約返戻金102.0万円
となるので
大損するのはイヤだけど、少しでも儲かるのなら1ドル=85円で解約してもいいかなぁ。というのもあり得るのです。

保険商品の為替差損対策
単純に考えると為替リスクは大きな恐怖ですが、予定利率の高さである程度までなら為替差損を回避することもできるのです。
さらにドル建て保険は、保険会社独自の為替差損対策を組み込んである商品が多数あります
これは後ほど説明します。

シミュレーションしましょう
ドル建て生命保険加入時はなるべく細かいシミュレーションや試算が必要になります。
加入時のレートに対して、将来どのくらいのレートまでなら元本割れを起こさないかなどを知る必要があります。

シミュレーションや試算は、保険営業職、保険の専門家、ファイナンシャルプランナーに依頼すれば必ず提出してくれますので、よく見てかっちり説明を聞きましょう。

超簡単な円高の解説
1ドルあたりの円換算額が以前よりも低くなると「円高」になります
円高というのは円の価値が高騰してしまうことでして、例えば1ドル=100円のとき、2ドル(200円)で豆腐一丁が買えたのに、後に1ドル=50円になると、200円の豆腐を一個買うのに4ドルが必要になります。
豆腐自体の日本国内の値段は変わらないのに、二倍ものドルを出さないと替えなくなる。ということは貨幣の価値が上がったことになります。


3.為替手数料が必要
1.円で保険料を支払う場合
2.円で保険金や解約返戻金を受取る場合
共通して、一ドルについて0.01円から0.5円の為替手数料が必要になります。
これは生命保険会社によっていろいろありまして、極端な例だと支払いも受取りも一ドルあたり0.01円の会社もあれば、支払い・受取り共に一ドルあたり0.5円の会社もあります。

4.保険の仕組みが複雑になる
これは
a 為替差損回避策が盛り込まれたドル建て商品
b 変額部分が含まれたドル建て保険商品
c 目標値を設定する商品
d a〜cを複数含む商品
などに多いのですが
例えば為替差損対策などは各社それぞれ独自の方法を設定しているので、似たようなドル建て保険を比較すると少々混乱します。

ドル保険の複雑さを表現
また、一つの商品について
「例:運用で増えた部分を毎年刈り取る」プランと
「例:円貨一時払い保険料の105%〜120%の5%刻みで任意の目標値に増えたら、ドル運用で増えた資金を年金原資として円建てで自動確保」プランを選べるなど
なんだかややこしいドル建て保険も存在します。

あなた想いです
この複雑さは少しでも運用効率を高くする工夫だったり、資金の増加具合を毎日調べる手間を無くしたり、なるべく為替リスクを回避するための策だったりするので、わざと複雑な商品にして煙に巻く的なものではありません。
むしろ、加入者想いのありがたい仕組みなのです。

ですが、このような複雑な仕組みが無い超単純なドル建て保険もありますので、できれば違う保険会社の似たような商品を徹底比較し説明を十分に聞く必要があります。

最後に

確実な円貨保険、リスクもあるドル保険

ドル建て生命保険は主に貯蓄目的の余裕資金を生かすための保険でもありますが、比較的安い保険料で大きな効果を狙う保険でもあるとも言えます。
日本国内で発売されている保険で一番安全なのは円貨の基本的な保険ですが、何しろ円貨生命保険は予定利率が低いのでドル建て保険を考えてみるのもいいかもしれません。

ドル建て生命保険は説明を受けましょう

大分長く書きましたが、ドル建て保険選びの基本とか注意点は「為替リスク」と「保険商品の仕組み」の熟知だと思います。

生命保険会社の営業妨害をするわけではありませんが
もしドル建て保険に興味があるようでしたら、自社保険商品のみの販売だけが許されている生命保険会社の営業職より、ファイナンシャルプランナーなどの複数社の保険商品を比較できる保険募集人に話を聞いて、納得できるまで説明してもらうのがお勧めです。

ドル建て生命保険はメリットもデメリットも知っておく必要があります

ドル建て選びはFPの助言が効果的です。

FPの相談は無料。試しに相談してみましょう。

強引な勧誘をしない満足度95%の無料相談です

赤二重矢印右保険マンモス