明治安田 ドル 養老保険

米ドル建・一時払養老保険

ドル保険はFP 米ドル建・一時払養老保険 ですか?

ドル建て保険で迷ったときはFPの助言が効果的

試しに一度無料相談してみましょう。

満足度95%の無料相談です

赤二重矢印右保険マンモス

明治安田生命の米ドル建養老保険

米ドル建ての養老保険

米ドル建・一時払養老保険の正式名称は、5年ごと利差配当付一時払特別養老保険(指定通貨建)で、多分明治安田生命の外貨建て生命保険であり、初の米ドル建て養老保険だと思います。

他の保険会社のドル建てや外貨建ての生命保険は、月払いや一時払いの終身保険と個人年金が大半で、養老保険商品は珍しい部類だと思います。

余談ですが、ソニー生命が学資保険では無く「学資プラン」という商品で、ドル建て養老保険を使った学資保険の代用的な保険を売り出しています。
管理人が知る限りでは、他にドル建て養老保険を扱っているのはプルデンシャル生命とジブラルタ生命ではないでしょうか。

明治安田生命唯一の外貨建て商品

米ドル建ての保険期間10年の養老保険です。
明治安田生命のウェブサイトの生命保険商品一覧ページにある外貨建て保険欄は、この商品だけが紹介されています。
明治安田の金融機関窓口販売商品なら米ドルまたは豪ドルが使える外貨建て終身保険がありますが、営業職が販売する外貨建てはこの商品だけになりそうです。

ウェブサイトの商品分類アイコンは、「蓄えとして」のアイコンだけが色付きで表示されているので、資産形成に特化した保険ということがわかります。
米ドル建・一時払養老保険のPVによると「十年先が楽しみになる保険」だそうです。

米ドル建ての魅力

まず米ドル建ての生命保険であることが利点でしょう。
他社の米ドル建ての生命保険商品も同様の訴求をしていますが、直近の10年間で米国の金利が日本の金利を上回り続けているのだそうです。
つまり、円貨建ての保険よりも高利率の運用ができることが最大の魅力でしょう。
米ドル建ての保険なので他国の通貨を使うことに不安があるかもしれませんが、米ドルは世界的な通貨流通量があること、アメリカの国力があることなどから為替の状況が安定する方向だそうです。
米ドル自体が人気のある投資対象ということで、日本の生命保険に使われている外貨の中でも信頼性が望める通貨です。

ドル保険はFP 保険のプロに聞いてからでも遅くないです

しつこい勧誘無し。相談は何度でも無料

ご自身やご家族のためにも相談してみましょう

赤二重矢印右保険マンモス


今の円貨の保険は資産形成に不向き

養老保険とは

少し遠回りですが、まずは聞き慣れない養老保険の仕組みを説明します。
定期預金・終身保険と同じく死亡保険金または高度障害保険金が支払われる、死亡保険に属する保険ですが養老保険は「老いた身を養う」保険と書けばいいかもしれません。
保障よりも解約返戻金に重点を置いた、(どちらかというと)老後資金形成と、死亡・高度障害保障を兼ねた生命保険と言えるでしょう。

運用効率が良い保険

最大の特徴は、保険期間が終了すると死亡・高度障害保険金と同額以上の解約返戻金が望める事です。もちろん、払い込んだ保険料総額よりも多額の解約返戻金が望めます。
お金が残る保険ということで終身保険と同じ?と勘違いしそうですが、終身保険は保険で保障される期間的に一生涯の保障が続くこと、養老保険は保険期間が決まっていることが大きく違います。
生涯保障する必要が無いので終身保険よりも高い運用効率が望めます。

例えば円貨・月払いの養老保険

米ドル建・一時払養老保険は保険料月払いではありませんが、よくある円貨の養老保険を例にすると
例えば10年間という定められた保険期間の終了までに、死亡保険金と同額の解約返戻金が望めるだけの保険料を払い続けましょう。と言うような生命保険です。
ですので、死亡保険金が500万円だとすると、10年間・120回払いで480万円くらいを払い込むので月額保険料が四万円ということもあり得ます。

養老保険は保障される死亡保険金の割に保険料がやたら高くなってしまうのが欠点でもあります。
若い家庭などが少ない保険料で大きな保障を得る目的で定期保険を選ぶのとは、ある意味真逆な保険なので、ある程度お金を自由にできる(主に)中高年者向けになると言えるのです。
余談ですが、お金持ちの親が生まれたての子供に養老保険を掛けるなどの使い方もあります。

だが今の円建て養老保険は

養老保険の説明をすると、わざわざドル建て養老保険に加入する必要なんて無いように思いますが、上記で説明したことはあくまで日本の金利状況が良かったときの話で、最近までマイナス金利だった円貨の養老保険は多分元本割れするので手を付けないのが無難でしょう。

例えば円貨の養老保険に10年かけて480万円の保険料を払い込んだとしても、解約返戻金は480万円を切るでしょう。
そこで、円建ての保険より高い金利(予定利率)が望める米ドル建て保険の需要が高くなっているのです。

ドル保険はFP FPの知識で納得の保険選び

合わない提案は気軽に断れます

赤二重矢印右保険マンモス

米ドル建・一時払養老保険の細かい話

諸条件など

被保険者:0歳〜満85歳
契約者:満20歳〜満85歳
告知:職業告知のみ

正式名称が「5年ごと利差配当付一時払特別養老保険(指定通貨建)」なので
保険料の払い込み方法は、一時払いという、保険料全額を契約時に支払い、以後保険料を支払うことは無いという「保険料全額契約時一回払い」のみだと思います。

米ドル建・一時払養老保険の流れ

一時払い保険料は円貨払いです。明治安田生命所定の為替レートで米ドル額に換算します。この払い込んだ円を米ドル額に換算したものが基本保険額になります。
この米ドル化した基本保険金額を明治安田生命が、保険期間である10年間運用するのです。

死亡時:基本保険金額と同額の保険金
災害死亡保険金:満期金額と同額の保険金
中途解約:契約から当分の間は基本保険金額を下回る期間があるが、その後は基本保険金額と同額の解約返戻金
となります。

保険料払い込みは円貨

「円入金特約」が必須付加となっているので、一時払い保険料にドルを用意する必要は無く、円で一時払い保険料の支払いができます。
一時払い保険料は「明治安田生命所定の為替レート」で米ドルに換算され、基本保険額になります。その為替レートは一時払い保険料払い込み当日(指定された金融機関への着金日)のものになります。
また、契約時は
基本保険料の4%の「契約初期費用」
被保険者の年齢や性別によって変動する「保険契約関係費用」が別途必要になります。

満期と為替差損

保険契約が成立したら十年間放置というか明治安田生命にお任せしたままになります。
保険期間の十年が経過して満期を迎えたとき、たとえドル換算で基本保険金額→満期返戻金(満期保険金)が増えたとしても、円高になっていたら元本割れの可能性もあります。

例えば
契約時の為替レート:1米ドル=100円
契約時の一時払い保険料1,100,000円
契約時の基本保険金額:10,500ドル

十年後の基本保険金額→満期返戻金:13,000ドル
そのときの為替レート:1米ドル=80円
の場合
単純に円換算すると1,040,000円です。
110万円払って10年待って104万円になったら実質的に為替差損ですし元本割れです。
このような為替リスクを覚悟する必要があります。

為替差損対策

10年間の運用期間中の為替差損対策などはありませんが、満期後の据え置きによって為替差損を回避することができます。
米ドル建・一時払養老保険は満期後最高十年の据え置きが可能です。
満期時に為替差損が生じるようならしばらく満期保険金を据え置いて、為替差損が生じない時を見計らって満期返戻金を受け取ることができるので為替差損対策になります。

ドル保険はFP 保険のプロが無料相談してくれる

満足度95の便利なサービスがあります。

米ドル建・一時払養老保険にするべきか

無料で保険のプロに相談したほうが確実です

一度相談してみることをオススメします


「今まで加入していた保険よりも安く
充実した商品を選んでいただきました。」

という、ご利用者の声があります。

赤二重矢印右保険マンモス