ドル 終身保険

ジブラルタ生命の(月払い)米国ドル建終身保険。

茶インフォ大 ジブラルタ生命の米国ドル建終身保険です。
このサイトは、加入するときに大金を一回払いするようなドル建て高額保険商品ばかり紹介していて、毎月保険料を納めるようなドル建て保険を紹介したと思ったら学資目的の終身保険だし、なんか感覚がおかしいよ。と言われそうなので
慌てて毎月払いが出来る、米ドル建て終身保険を探しました。
ジブラルタ生命の「米国ドル建終身保険(低解約返戻金型)〔無配当〕」です。
しつこいですけど、今度は普通の終身保険です。例えば30年くらい毎月保険料を払い続ける終身保険です。

 

黄小丸三角 米国ドル建終身保険 で迷っていませんか?

金融・保険の専門家がアドバイスしてくれる

無料のサービスで、一度相談してみましょう。

赤二重矢印右保険マンモス

外貨建ての、終身保険の利点

茶インフォ大 日本にいくつもある生命保険会社に、ほぼ必ず終身保険(円建て)は用意されているのに、ドル建ての終身保険商品を用意することに利点があるのかというと、あるのですよ。
日本の金利はアメリカの金利と比較して極端に低い傾向が続いています。さらに日本が十年国債の利回り1%を割ったときでさえ、アメリカは十年国債で2%以上だったそうです。
利回りと予定利率は違いますが金利の違いが生命保険に影響して、円貨建て生命保険の予定利率は低
米国ドル建て保険の予定利率は円貨建て保険と比較して高予定利率を保持し続けています。

ということで、ドル建て生命保険は円貨建て生命保険と比較すると予定利率が高いので
例えば毎月同じ保険料を支払い続けて同じ保険料累計額なのに、ドル建て生命保険が円建てよりも解約返戻金を大きく出来るとか保険金を大きく出来る
また、逆に金利の高さを生かして毎月の保険料を安く出来るなどの利点があります。

ドル建てなりの欠点もあります

茶インフォ大 ドル建て生命保険は為替差損という欠点がつきまといます。逆に為替差益も狙えます。 為替差損が怖いのは解約時の解約返戻金と死亡時の死亡保険金・高度障害状態の高度障害保険金などに影響します。
ですが、この三種類の保険金については、「所定の必要書類がジブラルタ生命で受理された日の前日」のジブラルタ生命所定の為替レートになるので
解約返戻金・死亡保険金・高度障害保険金については、極端な為替差損が起こりそうな場合、待てるのであればある程度為替状況が良くなってから書類を提出して為替差損を回避することもできます。

ジブラルタ生命の米国ドル建終身保険は円換算支払い特約を付加できるので、米ドル建て終身保険なのに毎月円貨支払いができます。
ドル受け払い口座を作らずとも、いつも使っている銀行の通帳から保険料引き落としができます。
円貨建て生命保険と違って毎月一定金額なのは米ドル保険料ですので、為替変動の影響で円貨払いの保険料は毎月変動します。
そこは、スマホ料金や水道光熱費の感覚ということで納得頂ければいいかもしれません。

赤二重矢印右保険マンモス赤二重矢印左

低解約返戻金型のメリット

茶インフォ大 低解約返戻金型というのは円貨の終身保険にもあります。
低解約返戻金型の仕組みを簡単に説明すると、毎月の保険料を抑える代わりに、保険料払込期間中に解約すると通常の終身保険を保険料払込期間中に解約した場合より低い解約返戻金になってしまいますが
保険料払い込み期間が終了した後に解約すれば、通常の終身保険と同様の解約返戻金や満期返戻金が望めるのです。

ということで低解約返戻金型による保険料の安さに加えて米ドル建てにすることでさらに(実質的に)保険料を安くすることも望めそうなのが
米国ドル建終身保険(低解約返戻金型)と言えそうです。

満期後の使い方は数種類

茶インフォ大 保険料払込期間を終えて満期になると
●死亡保険金・高度障害保険金目的で終身保険の保障を受け続ける。
これ以外に
●解約して現金化する
●保険金の一部を介護年金で受け取る
●三種類の年金払いのうち、いずれかで受け取り続ける
という現金化とか、受け取り方法があります。
年金受け取りというのは、満期保険金や解約返戻金を分割受け取りする方法です。

保険金の一部を介護年金で受け取る方法
・満期後であること
・被保険者(保険が掛かっている人)が満65歳以上
・所定の介護状態になったこと
の三条件が必要になります。

三種類の年金受け取りは
1.確定年金受け取り
満期保険金を、例えば十年という年数を確定して年金形式でを分割、受け取り続けることができます。
十年確定年金の場合、一年目の年金を支払っても(被保険者が年金を受け取っても)、残りの九年分の年金はジブラルタに預けてあるのでそれなりに運用されます。
ですので、十年掛けて分割受け取りした年金の総額が年金の原資となった満期保険金額よりも多くなるメリットがあります。
また、確定年金には一回の年金「額」を確定して分割受け取りする方法もあります。

確定年金の他に、被保険者が生きている限り年金を受け取れる2.保証期間付終身年金
被保険者とその配偶者のどちらかが生きている限り年金を受け取れる3.夫婦連生終身年金があります。

外貨建て商品はくれぐれも利点・欠点を理解した上で検討してください。

 


黄小丸三角 米国ドル建ての生命保険で迷っていませんか?

FP金融・保険・税金の専門家

外貨建ての利点欠点もわかりやすくアドバイス

保険の相談は何度でも無料、満足度は95%です

赤二重矢印右保険マンモス