ドル建て 保険 ランキング

ドル建て生命保険のランキング

円建て保険とドル建て保険

ドル建て保険とは、保険料の入金からその運用、保険金や解約返戻金などの全てがドルで受け払い・運用される生命保険です。最近のドル建て保険は無料の特約などにより保険料を円貨で払うことができ、解約返戻金や保険金を円貨受取できる物が多数です。そんなドル建て保険をランキングしました。

第1位 メットライフ生命 ドルスマート

ドル建て保険ランキング第一位

利率変動型で、毎月更改される積立利率は年3%を最低保証するドル建て終身保険です。積立利率が3%を割ることが無いという、安心感と運用効果への期待が叶えられる画期的なドル建て終身保険です。

ドル建て保険グラフ

他社は運用効率を高めるために一部を変額運用するドル建て保険もありますが、ドルスマートは全部を定額運用しているという安全度も魅力です。
払込通貨や受取通貨を米ドルまたは日本円から選べる利便性もあるので自身の老後資金の為では無く、子供の大学進学準備資金など用途が広がります。低解約返戻金型を選んで保険料総額を低く抑えたり、三大疾病保険料払込免除特約なども付加できるので死亡以外の万が一の備えもできるドル建て保険です。

ドル建て保険 ドルスマートの詳細を見る



第2位 ジブラルタ生命 米国ドル建終身保険

ドル建て保険ランキング第二位

日本円で保険料を支払うけれども実は米ドルで運用されている終身保険です。

ドル建て保険上昇

米ドル専用口座を開設する必要も毎月米ドルを用意する必要が無い、便利なドル建て終身保険とも言えるでしょう。
欠点があるとすれば、日本円で保険料を支払っているので毎月一定額の保険料と錯覚しがちですが、ドル建てですので、為替変動に応じて円貨の保険料が毎月変化します。が、携帯やスマホの料金のように考えるとわかりやすいかもしれません。
もちろんアメリカの金利に則った運用ですので、日本の金利で運用される終身保険よりも断然お得になります。

ドル建て保険 米国ドル建終身保険の詳細を見る



第3位 プルデンシャル生命 米国ドル建リタイアメント・インカム

ドル建て保険ランキング第三位

正式には「米国ドル建年金支払型特殊養老保険」です。

ドル建て保険青グラフ同じ商品名でジブラルタからも商品が販売されていますね。

養老保険(銀行でいえば定期積金みたいなもの)でお金を積み立てながら、米国特有の高利回りで運用し、満期までにたまったお金をさらに運用しながら、毎年年金として受け取り続けるといった商品です。
日本円で払い込みも受け取りもできます。わざわざ米ドルを扱っている銀行で米ドル受け払い専用口座を作る必要が無いので、ドル建て養老保険なのに使いやすい資金運用目的の保険です。

ドル建て保険 米国ドル建リタイアメント・インカムの詳細を見る



第4位 ジブラルタ生命 一時払米国ドル建終身保険

ドル建て保険ランキング第四位

保険料一時払い(契約時に保険料全額一回払いのみ)という支払い方が特徴です。 早い話、生命保険として終身までの保障をしましょうというより、ドル建て終身保険で老後のお金の運用をしましょうという、運用特化型とも言えるドル建ての終身保険です。

ドル建て保険100ドル札

退職金や多額の余剰資金などで加入して時間をかけてお金を増やし、老後に備えるイメージですね。ドル建てですので、日本の金利よりも遙かに良い金利で運用されるのが魅力です。
特有の機能としては、保険会社独自基準で無く、国の介護保険の要介護度4または5になったとき、介護保険金として死亡保険金の一部を受け取ることができます。

ドル建て保険 一時払米国ドル建終身保険の詳細を見る


 


ドル建て保険 待ってください!ドル建て保険を考えるなら

専門家の意見を聞いてからでも遅くありません

無理な勧誘をしない満足度95%の無料相談です

赤二重矢印右保険マンモス赤二重矢印左


ドル建て保険の一番のメリット→ 予定利率が高い!

ドル建て保険のメリットは、予定利率という保険の金利が昨今の円貨保険と比較してかなり高いので、保険料を抑えるメリットや積立運用効率が上がるなどのメリットがあります。ですが為替リスクなどのデメリットもあります。

世界一の通貨ドル

具体的な数値を書かなくてもいいくらい、金利(予定利率)の高さは米ドル建て保険を選ぶ第一の理由になるでしょう。日本は十年国債の年利回りが0.03%にも満たないような状態ですから、保険会社が円貨の保険にそれなりに良い予定利率を付けるは難しい状況です。円貨の貯蓄目的の保険は運用効果が薄いと言えるでしょう。
一方、米ドルも主要な諸外国通貨も、円貨と比較するととても高い金利を付けることができます。
保険も金融商品ですから、金利(予定利率) が高いと日本円建ての保険と比較して保険料が安くできるとか、解約返戻金が大きくできるなどのメリットがあるのです。

他のドル建て保険の利点
★貯蓄目的の保険は、円建て保険よりも遙かに大きい運用成果を期待できる。

★終身保険などの貯蓄と保障を兼ねた保険も、予定利率の良さを生かして保険料を低く抑えられる。

★ドル建て保険に加入することは持っているお金をドルに換算することになるので、資産の分散投資ができる。

★保険金や解約返戻金、年金などを円に交換して受取るときドルに対して円安であれば、為替差益になる

ドル建て保険の欠点

■為替は常に変動するので為替リスクについて良く理解し覚悟しないといけない。

為替リスク

■運用効率を高めるために一部変額保険で運用するとか、為替差損対策の仕組みが複雑だったりと、少々ややこしいドル建て保険がある。

■円とドルを交換するとき、またはドルと円を交換するとき、保険会社所定の手数料(費用)が必要になる。また保険契約時の費用や契約維持費用などもある。

■特にドル建て保険初心者は、保険会社や銀行の営業に勧められて加入すると他社商品との比較ができず、加入してからの後悔になりやすい。

ドル建て保険は大きなメリットもあれば、ドルという外貨の特性や販売経路などで生じるデメリットもあります。
このようなデメリットを緩和するためにも、複数社のドル建て保険を同時比較することが大切です。また、為替リスク、保険や金融商品の理解は熟練したプロにアドバイスしてもらうことがお勧めです。

 


ドル建て保険ドル建て保険はメリットが一杯あります

ですが間違った選択で後悔しないためにも

保険のプロにアドバイスしてもらいましょう

FPの保険の相談が何度でも無料です

満足度95%、強引な営業は一切ありません

赤二重矢印右保険マンモス赤二重矢印左



米ドル建て保険が一番人気

アメリカ国旗

日本で発売されているドル建て保険は主に米ドル建て保険、次に多いのが豪ドル建て保険、比較的少数のNZドル建て保険がありますが、圧倒的に米ドル建てが多数になります。その理由はまず米ドルの信頼性が高いこと、高い予定利率を設定できることが大きな理由になるでしょう。
米ドルの信頼と人気=米ドル建て保険の信頼と人気になる要素を挙げてみます。

1.アメリカは国内総生産(GDP)が世界一であり、内需も外需も活発で経済が発展し続けています。

2.米ドル(USドル)は世界的に信用力があるので米国以外の国々でも広く使われています。アメリカの大きな経済力が「世界の基軸通貨」としての安心感の背景です。

@約43% 米ドル
A約16% ユーロ
B約12% 日本円
C約6% 英ポンド
D約4% 豪ドル
E約3% スイスフラン
F約2% カナダドル
G約1% ニュージーランド・ドル
H約1% メキシコペソ
I約1% 人民元
だそうです。

3.米ドル建て保険は円建て保険より予定利率を高く設定できます
この記事を書いている時点で
日本国債10年の年利回り→0.025%前後
国債10年の年利回り→2.35%前後
同じ10年国債なのに利回りに100倍以上の差があるのです。10年国債の利回りがそのままドル建て保険の予定利率になるわけではありませんが、米ドル建ての保険の予定利率を高くできるわかりやすい理由になるでしょう。

 


ドル建て保険 FPは保険・金融・税金などの難関資格保持者

保険のプロ・FPがご自宅や会社で無料アドバイス

FPなら、他社商品との比較もできます

赤二重矢印右保険マンモス赤二重矢印左



オーストラリアドル建ての保険も人気

豪ドル保険

日本で販売されるドル建て保険に使われるほど金利が高い通貨ですが、比較的安定的に金利が高さを維持しています。

オーストラリアの鉄鉱石の産出は世界一位、チタンの産出は世界二位と、鉱物資源国として有名です。日本の鉄鉱石輸入ははオーストラリアからの輸入が全体量の三割以上です。
また日本の石炭輸入の六割はオーストラリア産で、大部分を依存しているような状態です。

このようにオーストラリアは地下鉱物資源の産出国ですが、一方で石油は世界番付でも低く輸入に頼っている国です。
ですがオーストラリアの経済状況は良好で、過去20年以上経済成長を重ね、リーマンショックで世界金融危機が到来した時でさえも、鉱物資源を武器にかすり傷程度で持ちこたえたと言われています。
鉱物資源を背景とした経済成長が目立っていますが、アメリカの狂牛病問題発生後、オーストラリアがBSEのリスクを無視できる国と認定されたことから、オージービーフの輸出量が増えたことも経済発展の一因です。

オーストラリアの高金利政策

このように景気が良い国はインフレになりがちですが、オーストラリアはインフレ抑制目的の一環で高金利政策を掲げているようです。
高金利に合わせて有利な法律の整備が整いうことで海外の投資市場で人気が高くなり、海外資金が早期に集まりやすくなり、お金がお金を呼ぶような状況を作るのでしょう。
米ドル(もちろん円)と比較しても政策金利が高く、政治的不安要素も少なくテロなどの警戒度も低いこともあり、高金利に惹かれて海外から資金が集まり経済成長を続けています。

 


ドル建て保険 ちょっと待ってください!ドル建て保険は

FPの助言を聞いてから検討すべきです

無理な勧誘をしない満足度95%の無料相談

赤二重矢印右保険マンモス赤二重矢印左



ニュージーランドドル建ての保険もあります

NZドル保険

日本で販売されているドル建て保険で、米ドルやオーストラリアドルほど多くは採用されていませんが、オーストラリアドルよりも高い金利であることが多い通貨です。

ニュージーランドは日本より国土面積・人口・経済規模も少ない国です。主な産業が酪農・畜産を中心とする農業と林業で、ニュージーランドの人口よりも羊の数が多い国です。一時期はニュージーランド国民一人あたり20頭以上の羊がいたとかいないとか。
かなり以前はイギリスとの貿易に依存するような経済状況でした。イギリスのECに加盟でヨーロッパ圏との取引を強化した影響で、ニュージーランド経済は大打撃を受け、一時は国としての存続が危ぶまれたそうですが、現在ではOECD加盟国は35か国の中でも高い生活水準を維持する優良国家に変貌しました。

ニュージーランドも高金利政策

輸出の主要貿易相手国は中国、オーストラリア、アメリカ、日本です。失業率が低く治安が良い国で、2011年以後の実質GDP成長率は2%以上を維持し、国債格付けの信頼性が高く、財政も比較的健全です。
ニュージーランドは一次産品の輸出に依存するような経済状態ですので、海外からの投資を確保し海外資金を集めやすくするために、金利を高くしているようです。
将来的にニュージーランドの政策金利はもう少し引き上げられる見通しがあるとの噂もあります。金利の長期間の上昇が見込まれるので、ニュージーランドドルの期待は高まるかもしれません。

実は豪ドルとNZドルは共通点が多く、似たような動きをするので、豪ドル建て保険ととNZドル建て保険を両方持つのは得策ではないようです。豪かNZで迷ったら必ず一方を選択すべきだそうです。

 


ドル建て保険 危険です!自己判断のドル建て保険!

各ドルや終身・年金の判断は大丈夫ですか?

専門家の意見を聞いてからでも遅くありません

無理な勧誘をしない満足度95%の無料相談です

赤二重矢印右保険マンモス赤二重矢印左


ドル建て保険を選ぶならまず相談。

チェック! ドル建て保険は終身保険や養老保険、年金保険などがありますが、自分の知識だけで選ぶべきできありません。

ドル変動グラフ

ドル建て保険を選ぶ前に、為替リスクや、どうしても複雑になるドル建て保険の仕組みについて理解する必要があります。

ドル建て保険を検討するのなら、できれば、金融のプロである
ファイナンシャルプランナー(FP)資格保持者に相談するのがいいと思います。
FPは保険・金融・税金・老後資金などについての国家・公的資格なので、FP資格保有者が提供する為替の情報やリスク、ドル建て保険に対するアドバイスはとてもわかりやすく、役に立ちます。

ドル建て保険のリスクと魅力を知る

ドル建て保険の大きな欠点になり得るのが為替リスクです。
為替変動が利益になるようであればいいのですが、最悪損失になることもあるのです。こればかりはランキングサイトを見ただけでは分からないですよね。
とはいうものの、ドル特有の高金利での運用も魅力です。上手くいけば、為替変動による利益とドルの高金利の両方を実現できるかもしれません。
このようなリスクとメリットを無料でアドバイスしてもらってからでも遅くありません。「転ばぬ先の杖」として、一度相談してみましょう。

ドル建て保険 ドル建て保険は専門家のアドバイスが重要

赤二重矢印右保険マンモス赤二重矢印左


保険会社の営業は一途

FP保険のアドバイス

ドル建て保険を検討したいけどFPの知り合いがいないので、ドル建て保険を販売している保険会社の営業を呼ぶというのもいいのですが、出来れば避けた方がいいでしょう。

保険会社の営業を止めた方がいい理由は
自社の保険商品だけしか販売できない
他社商品との比較が出来ない」からです。

自社商品しか売れないのが保険会社の営業なら、自社商品であるドル建て保険にも詳しいはずでしょ?という意見もありますが、保険会社の営業といえど、販売頻度が少ないドル建て商品についての知識は浅いのが普通です。

稀に、いわゆる「保険のおばちゃん」が来て、為替の知識もドル建て保険の知識もほとんど無いのに、勢いだけでドル建て保険を売ろうとすることもあるようです。

金融機関も止めた方がいいかも

また、最近は銀行・信用金庫・証券会社などの金融機関でドル建て保険が売られるようになりましたが、銀行は普段保険商品を扱わないので保険の仕組みなどの説明も上手いとは言えないようです。
金融機関で扱うドル建て保険は提携していてる保険会社だけの商品になるので、保険の営業職と同じように(あえて)悪く言えば、一つの保険会社の保険商品だけをごり押しするような販売手法にもなりかねません。

特に後悔できないドル建て保険だから

こんなことを書いて保険会社や金融機関の営業職の営業妨害をしたいのではありません。もともと自社商品とか提携した一社の保険会社だけの保険商品しか販売できないことがドル建て保険選びのリスクになりかねないんです。

ドル建て保険は保険料一時払い商品が多い保険でもあります。保険料一括全額前払いです。何百万円もの大きなお金を払うので特に契約後に後悔複したくない保険です。保険を選ぶ段階で数社の商品を比較できれば、保険を契約してから別会社の商品を知って後悔することも無くなります。

だったらFP(ファイナンシャルプランナー)のような、複数の保険会社商品の販売資格を持っていて、金融についての国家公的資格を持った人物に、まずは話だけでも聞いてみたいですよね。

FPのアドバイスを受けながら複数の保険会社の商品を比較できる

緑注目

FP保険相談

ということで、特にドル建て保険は、詳細なリスク説明と、他社商品との比較が必要になるので、FPに複数社のドル建て保険の利点や欠点などを聞いて、比較し納得出来たら希望のドル建て保険を契約するのが一番良い方法だと思うのです。

青インフォ小 でも、強引な保険販売を一切しない、現役でベテランのFPの当てが無いよ。
というあなたに紹介したいのが保険マンモスです。

保険マンモスは、経歴5年以上の現役FPを自宅や会社に派遣してくれて
生命保険の相談料は何度相談しても無料です。
さらに、保険マンモスは「イエローカード制」という、強引な勧誘をしたFPをすぐに別のFPに替える制度があるので安心です。
もちろん、ドル建て保険についての相談だけでなく

「現在続けている保険の見直しをしたい」とか
「今の保障で将来大丈夫か見てもらいたい」などの相談も受け付けています。

FPに感謝

FPは金融商品全体に強みがあるので、ドル建て保険選びの相談、ドル建て保険と一緒に老後資金の相談、住宅ローンなどを考慮しながらの老後資金相談とか、どうしても高額になりがちな保険の節約相談も出来るんですよ。

せっかくのドル建て保険を後に後悔するような間違った保険にしないためにも、試しに一度、保険マンモスで相談してみるのもいいと思います。
保険無料相談の申込みは凄く簡単です。

赤二重矢印右保険マンモス赤二重矢印左


米・豪・NZドル建て保険一覧


米ドル建てを選べる保険

ジブラルタ生命の米ドル建て

ドル建て保険一覧一時払米国ドル建終身保険
ドル建て保険一覧米国ドル建終身保険
ドル建て保険一覧ドリーム・ゲート
ドル建て保険一覧どるフィン
ドル建て保険一覧通貨指定型個人年金保険
ドル建て保険一覧米国ドル建リタイアメント・インカム

プルデンシャル生命の米ドル建て

ドル建て保険一覧米国ドル建リタイアメント・インカム

マスミューチュアル生命の米ドル建て

ドル建て保険一覧アットウィル

マニュライフ生命の米ドル建て

ドル建て保険一覧パワーカレンシー
ドル建て保険一覧こだわり個人年金(外貨建て)

メットライフ生命の米ドル建て

ドル建て保険一覧ドルスマート
ドル建て保険一覧ビー ウィズ ユー プラス
ドル建て保険一覧レグルスW
ドル建て保険一覧わくわくターゲット

 


ソニー生命の米ドル建て

ドル建て保険一覧米国ドル建て特殊養老保険
ドル建て保険一覧学資プラン

第一フロンティア生命の米ドル建て

ドル建て保険一覧プレミアジャンプ2終身
ドル建て保険一覧プレミアジャンプ2年金
ドル建て保険一覧プレミアストーリー

日本生命の米ドル建て

ドル建て保険一覧デュアルドリーム

三井住友海上プライマリー生命の米ドル建て

ドル建て保険一覧みらい、そだてる

三井生命の米ドル建て

ドル建て保険一覧ドリームフライト

明治安田生命の米ドル建て

ドル建て保険一覧米ドル建・一時払養老保険
ドル建て保険一覧外貨建・エブリバディプラス



豪ドル建てを選べる保険

ジブラルタ生命の豪ドル建て

ドル建て保険一覧通貨指定型個人年金保険

マスミューチュアル生命の豪ドル建て

ドル建て保険一覧アットウィル

マニュライフ生命の豪ドル建て

ドル建て保険一覧パワーカレンシー
ドル建て保険一覧こだわり個人年金(外貨建て)

メットライフ生命の豪ドル建て

ドル建て保険一覧ビー ウィズ ユー プラス
ドル建て保険一覧レグルスW
ドル建て保険一覧わくわくターゲット

第一フロンティア生命の豪ドル建て

ドル建て保険一覧プレミアジャンプ2終身
ドル建て保険一覧プレミアジャンプ2年金
ドル建て保険一覧プレミアストーリー

日本生命の豪ドル建て

ドル建て保険一覧デュアルドリーム

三井住友海上プライマリー生命の豪ドル建て

ドル建て保険一覧みらい、そだてる

三井生命の豪ドル建て

保険会社別ドル保険ドリームフライト
保険会社別ドル保険ドリームクルーズプラス

明治安田生命の豪ドル建て

ドル建て保険一覧外貨建・エブリバディプラス



NZドル建てを選べる保険

第一フロンティア生命のNZドル建て

ドル建て保険一覧プレミアジャンプ2年金

三井住友海上プライマリー生命のNZドル建て

ドル建て保険一覧みらい、そだてる


ドル建て保険選び、迷っていませんか?
米ドル建てにしますか?豪ドル?NZドル?
ドル建て保険のリスクもメリットも知っていますか?
複数社のドル建て保険を比較しましたか?

こういうときに、高度な国家・公的資格保持の生命保険のプロ・FPが、ご自宅など無料相談してくれる満足度95%の「保険マンモス」というサービスがあります。
ドル建て保険は無料で保険のプロに聞いてからでも遅くはないです。
ご自身やご家族のためにも、一度相談してみることをオススメします。

とてもわかりやすく説明をしてくださいました。本当にわかりやすかったです。特に10年後、15年後にいくら貯まっているか等、具体的な数字を示してくれたのでとてもありがたかったです。


という、サービスの利用者の声があります。

赤二重矢印右保険マンモス赤二重矢印左


保険会社別ドル建て保険目次

( ) 内は主契約通貨にできる外貨の略称。米:米ドル建て、豪:豪ドル建て、NZ:ニュージーランドドル建て、ユ:ユーロ建て。

ジブラルタ生命

保険会社別ドル保険一時払米国ドル建終身保険(米)
保険会社別ドル保険米国ドル建終身保険(米)
保険会社別ドル保険ドリーム・ゲート(米)
保険会社別ドル保険どるフィン(米)
保険会社別ドル保険通貨指定型個人年金保険(米・豪・ユ)
保険会社別ドル保険米国ドル建リタイアメント・インカム(米)

プルデンシャル生命

保険会社別ドル保険米国ドル建リタイアメント・インカム(米)

マスミューチュアル生命

保険会社別ドル保険アットウィル(米・豪)

マニュライフ生命

保険会社別ドル保険パワーカレンシー(米・豪)
保険会社別ドル保険こだわり個人年金(外貨建て)(米・豪)

メットライフ生命

保険会社別ドル保険ドルスマート(米)
保険会社別ドル保険ビー ウィズ ユー プラス(米・豪)
保険会社別ドル保険レグルスW(米・豪・ユ)
保険会社別ドル保険わくわくターゲット(米・豪・ユ)

 


ソニー生命

保険会社別ドル保険米国ドル建て特殊養老保険(米)
保険会社別ドル保険学資プラン(米)

第一フロンティア生命

保険会社別ドル保険プレミアジャンプ2終身(米・豪)
保険会社別ドル保険プレミアジャンプ2年金(米・豪・NZ)
保険会社別ドル保険プレミアストーリー(米・豪)

日本生命

保険会社別ドル保険デュアルドリーム(米・豪)

三井住友海上プライマリー生命

保険会社別ドル保険みらい、そだてる(米・豪・NZ・ユ)

三井生命

保険会社別ドル保険ドリームフライト(米・豪)
保険会社別ドル保険ドリームクルーズプラス(豪)

明治安田生命

保険会社別ドル保険米ドル建・一時払養老保険(米)
保険会社別ドル保険外貨建・エブリバディプラス(米・豪)

ドル建て保険はFP FPは保険・金融の高度な資格保持者

ドル建ては保険のプロのアドバイスが重要

特に為替差損リスクの説明は必須です

イエローカード制で無理な勧誘ナシ

赤二重矢印右保険マンモス赤二重矢印左

もう少し細かいドル建て保険と円の保険

以前から貯蓄やお金を増やす為に円貨の保険が使われてきましたが、最近はそのような目的のドル建て保険の需要が増えてきました。
ドル建て保険は円貨保険より高い利率を設定できるので、円貨の保険よりお金の増え方が良く、円貨保険と同じような保障でもドル建て保険が保険料の節約になる事も魅力です。

最近の円の保険

最近の円貨の保険の運用利率が低すぎるので、最近の円の保険は苦境と言えるでしょう。

保険会社は保険の契約者から集めた保険料を運用し積み立てます。その運用の成果で支払保険料よりも大きな解約返戻金や年金受取総額を狙う貯蓄機能が果たせます。
ですが保険会社が主に運用対象としている日本国債などの金利が下がっています。
その影響は円貨建ての保険全体に広がり、中でもお金が残るとか貯蓄型と言われる保険に付される金利が下がり、以前というよりも一世代前までのような貯蓄・運用機能が果たせなくなりました。

円貨の貯蓄・運用目的の保険は

お金が残る保険の代名詞的な終身保険は、低解約返戻金型の終身保険ではない、単純な仕組みの終身保険は今から加入しても元本割れが多いそうです。
学資保険は、払込保険料総額よりも少額の受取総額になる元本割れを起こすようになり、学資保険としての機能が果たせないので販売停止になったり、学資保険から撤退する保険会社も出てきました。

よくある話で、バブル景気が終わる頃までの円貨の終身保険、養老保険、個人年金今では信じられないほどの予定利率(生命保険を解約しない限り保障される固定利率)が付いたので、支払保険料総額を遙かに上回る解約返戻金や受取年金総額が期待できるそうです。
ですが、最近の円貨の保険は超低金利の影響で高い予定利率も高めの予定利率も期待できません。
最近見かけなくなった養老保険はバブル景気の終焉あたりまでは終身保険よりも良い貯蓄と一定期間の死亡保障もできる保険としてかなり売れていたそうです。
ですが今の養老保険は、加入したとしても支払保険料総額よりも低い解約返戻金になる元本割れ保険になっているようです。

ドル建て保険に注目

そこで近年、円貨の生命保険よりも良い予定利率が望めるドル建て保険の人気が上昇しています。
ドル建て保険は、円建ての保険よりも高い予定利率が設定されています。予定利率を言い換えれば保険の契約者に対して保証する運用利回りとも言えますが、予定利率が高いということは保険会社も高い利益を得ることができます。
したがって、例えば同じような保障内容なら、円建 ての保険の商品よりもドル建ての保険の保険料が安くできるのです。
また、予定利率は契約者から預かっているお金(支払保険料)の運用利回りの高さとも言えるので、予定利率が高い保険は解約返戻金や年金原資が高くなるという効果が得られます。

学資保険代用のドル建て終身保険や学資代用ドル建て養老保険は、その予定利率の高さを生かして円の学資保険よりも割安な保険料と大きな貯蓄効果を狙っています。
商品によっても違いますがドル建て保険は余剰資金を生かして保険で資産運用するのもいいですし、割安な月払い保険料で大きな保障を得るというのも可能です。

大手生保も参入

ドル建て保険というと外資系特有の商品だったのはちょっと昔の話で、比較的新しい設立の日本の保険会社が米ドル建ての保険商品を販売したり、最近は生命保険会社のランキングサイトの上位に入るような日本の旧来の大手が、続々とドル建て保険に参入してきました。
中でもドル建て保険は、ドル建て保険を扱う保険会社なら必ずラインアップしている保険商品とも言える存在になっています。

特に国内生保会社は富裕層や準富裕層と言われる顧客の開拓目的で、金融機関窓口販売商品に力を入れるようになりました。
ある国内大手は窓販商品専門保険会社を作り、年商一兆円以上を売り上げています。その売上の全てがドル建てではありませんが、かなりの割合を占めていることは確かです。
例えば銀行で余剰資金の運用の相談をしたら、ドル建て保険を勧められるかもしれません。

米・豪・NZ・加

一般に日本でドル建て保険というと、日本で営業している国内・外資の保険会社が販売している米ドルやその他のドルを主契約通貨にできる保険を指し、外国で売られている保険を含みません。
ドル建て保険の主契約通貨は、米ドル、オーストラリアドル、ニュージーランドドルが三大ドルだと思います。

もちろん一番多く採用されているのが米ドルで、多分次に豪ドル商品が多く、ニュージーランドドルはちょっと珍しいかもしれません。カナダドル建てを選べる保険もありますがかなりレアです。
米ドル建てのメリットについては先に書いていますが、豪ドル建てとニュージーランドドル建ての強みは米ドル建てよりも高い予定利率が設定されている商品が圧倒的に多いことです。

ドル建て保険はFP 米?豪?NZ?FPに聞いてみましょう

赤二重矢印右保険マンモス赤二重矢印左


ドル建て保険のメリット

米ドル建て保険、豪ドル建て保険、NZドル建て保険、カナダドル建て保険、いずれの保険についても円貨の保険よりも良い予定利率が付くので、資産運用目的に適した保険と言えるでしょう。
各種ドルによる高利率とは別に、商品の特徴として運用益を毎年受取ることができる保険や、保険料のごく一部を変動運用して早めの運用結果を促す保険など、運用益の受取方や運用益の促進などが工夫さている商品を選べることも魅力です。
運用成果を毎日監視する必要が無く、目標額や目標割合まで資金が増えたときに自動で円貨で確保してくれるドル建て保険もあります。運用成果を毎日見張る必要が無いメリットは大きいです。

ドル建て保険のデメリット

ですがデメリットとしては、運用方法や受取方法、ドル運用を円貨で確保する方法など、商品自体に複雑な仕組みを取り入れているので利便性はあるのですが、それらの仕組みを理解するには商品毎に違う専門用語を理解する必要があるため、それらの仕組みをパンフレットなどを見ただけでは理解することが難しいことです。

ドルという外貨建ての保険なので、保険を解約するときや年金などを受取るときの円換算時に為替変動が良い方向に向けば為替差益が上乗せされるメリットもありますが、最悪極端な為替差損というデメリットもあり得ます。
もちろん、為替差損を避けるための対策(というメリット)を商品の仕組みに備えているドル建て保険も多数あります。
それら複雑なメリット・デメリットを理解する必要があります。

ドル建て保険は比較とアドバイスと理解が大切

ドル建て保険に対する理解不足は、ドル建て保険の最大の敵と言えるでしょう。
例えばですが、ドル建て保険の仕組みを理解していないのに、保険会社や銀行の勧めでなんとなく良さそうに思って契約してしまい、契約後に解約したくなることもあり得ます。
早期に中途解約するにしても、支払保険料総額よりかなり少額の解約返戻金しか戻らないのです

どんなドル建て保険商品も、何年も月額保険料を払い続けたり、一時払い保険料であっても長い据置期間が設けられていたりする、長期投資商品です。
ドル建て保険は大きなメリットもありますが、為替の仕組みと商品の仕組みを理解しておく必要があます。自分にとって不要になるようなドル建て保険の契約を避けて、契約後に後悔しないためにも、できれば一社だけで無く複数社のドル建て保険商品を比較することが重要になります。
しっかりしたアドバイスができて保険を無理な勧めることが無い、保険や金融の専門家を選び、ドル建て保険商品の内容と仕組み、メリットとデメリット理解する必要があります。
ドル建て保険を検討するときは、できれば金融・税金や保険に詳しいファイナンシャル・プランナー(FP)に先に相談しておくことがお勧めです。

良いドル建てが無いかと、迷っていませんか

金融・保険のプロ(FP)が無料相談してくれる

満足度95%の便利なサービスがあるんです

FPがご自宅や会社などに来てくれます

イエローカード制で、しつこい勧誘はありません


無料で保険のプロに聞いてからでも遅くないです

ご自身やご家族のためにも一度相談してみましょう

赤二重矢印右保険マンモス